健康

【薬剤師の雑談】新型コロナ、命を守るために私たちができること。

はじめに

やっほーーー!!薬剤師のぬまたんです。

今朝、関東圏で糖尿病持ちのコロナ患者が重症化して、病床数が足りなくて救急搬送できず治療が遅れて死亡したというニュースを見ました。

だんだん病床数がひっ迫してきて、政府や病院が国民の健康を守れなくなってきています。(特に都会)

皆様、健康管理ちゃんとしていますか?
自分の健康は自分で守らないといけない時代に突入していてこわいな~~~と感じました。

特に日本人は国民皆保険のおかげで手軽に病院に行けるのでその分、平和ボケしていて医療の知識が少なく、自分で自分の健康を守るという意識が低いです。

コロナで病床がひっ迫しているということはコロナの重症化で死んでしまう以外にも、他の病気で急に倒れて救急車を呼んでも、病院に行けずに死亡するリスクも格段に上がっているということをまず意識しましょう。

自分で守る①:持病の把握、治療はしていますか?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、 心血管疾患、肥満。どれか一つでも当てはまればコロナウイルスの重症化リスクは高まります。

重症化しても、受け入れてくれる病院がないので死んでしまうリスクは以前よりも上がっています。

きちんと治療していればまだマシですが、何年も健康診断受けていない人は早めに受けて、異常があれば今すぐに治療を始めましょう。健康管理超大事。自宅で簡単に検査できます。

【薬剤師おすすめ】健康診断を自宅で安く簡単に、「おうちでドック」。はじめに やっほ~(^^)/今日もだらだら、会社辞めたい夫婦の妻、薬剤師ぬまたんです。 暑くなってまいりましたね・・・。皆様体調...

検査・診断は受けているけど面倒で薬を飲んでいない、通院をさぼっている、コロナが心配で病院に行きたくないと通院・薬を休止しているあなた、すぐに病院にいって3か月分ぐらい多めに薬をもらってこよう。

コロナの重症化だけにとどまらず、治療を受けずに持病が悪化して、急に心筋梗塞や脳梗塞で倒れても、救急搬送先の病院が見つからずに治療が遅れて死亡するリスクも大きくなっています。

コロナの重症化だけを心配している人も多いですが、病床数のひっ迫でほかの病気でも治療を受けられないリスクがあること、胸に刻んで健康管理をしよう。

手洗いうがいはもちろん、規則正しい生活や食事、適度な運動をこれまで以上に心がけよう。

自分で守る②:田舎に住むのも一つの手

高齢者や持病がある人、妊娠中の人で東京や大阪など医療ひっ迫地域に住んでいる人、仕事の都合がつけられるのなら、いろんな面で田舎に引っ越したほうが安心です。

田舎は病床がひっ迫していないので、もしものことがあってもしっかり救急搬送して適切な治療が受けられます。

まだしばらくコロナ感染拡大は続きそうなので、2~3年、田舎に住むのは一つの合理的な選択肢のひとつだと思います。

自分で守る③:ワクチンを受けよう

ワクチンの副反応はそんなに強いものではありません。
コロナウイルスに感染して重症化して死亡するリスクのほうが余程高いです。

ワクチンはまだ開発されて間もないし、よくわからないし、打つのが不安な気持ちはとてもよくわかります。

でも、ファイザーやモデルナワクチン、発症予防効果は90%以上の非常に有能なワクチンで、重症化する可能性も大幅に軽減することができます。また、多くの人が接種を終えていますが、今のところ重大な副作用は出ていません。勇気を出して打ったら受けられる恩恵のほうがでかいぞ。

悪魔のささやき

ある薬剤師からのささやかな助言・・・。

大切な人が都会で重症化して倒れた、ほかの病気で急に倒れたりしたら、、、

後から恨まれてもいいから迷わず隣県の田舎に大急ぎで車(公共交通機関はダメ)で移動して、そこで救急車を呼ぼう・・・。後から恨まれても適切な治療で命は助かるぞ。

後から恨まれるけど・・死ぬより全然よくないか!?

こんなこと言ってたら怒られそうだけど、何よりも自分の命を守る意識、これをまずもっておこうね!!!!!

 

っという雑談でした。

 

 

最後まで読んでくれてありがとぴよ(^^)/
ブログ村に参加しています。
ひよこさんをぽちっと押していただけると励みになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です